VOICE5ラインの4つデメリット。安いレーザー墨出し器はダメなのか?

VOICE5ラインの4つデメリット。安いレーザー墨出し器はダメなのか?

激安レーザー墨出し器VOICE5ラインのデメリットを考えてみようと思います。

激安レーザー墨出し器の中で人気No.1を誇るVOICE5ラインですが良い口コミはたくさんあります。

ですが悪い口コミはなかなか見当たりません。

 

私も実際持っていて現場でもよく使います。そんな中でデメリットを上げてみたいと思います。

 

正直に書きますがデメリットを上げるのが難しいというくらいの良い商品です。

ですがそれでも敢えて書くならばという感じですね。

 

VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器


 

 

 

目次

  • 致命的?ライン、線が2重になるというクレーム
  • 微調整つまみの微妙な調整が難しい。
  • 屋外での使用が難しいのではないかという点
  • 三脚にセットする際の注意!VOICEの重量

 

 

 

 

 

致命的?ライン、線が2重になるというクレーム

最初に結論から書いておきますがこれは故障はありません。反射です。

レーザー光が窓や金属に反射して線がダブったり多重に見えているのです。

 

 

VOICEの悪い口コミを敢えて探していると時々出てきますが、ラインが2重になる、ダブって見える、購入早々から線が2重だったなどの意見がちらほら見られます。私のレーザーも実際はじめは良かったのですが使用から数日たったある日線がダブって見えることが・・・マジですか?もう壊れちゃった??

 

安いといっても安くない買い物です。正直これは参ったなという印象。保証期間内ですので修理に出せばよいのですがそれでも気持ちのいいものではありません。

気になって調べてみると他の購入者にも同じような症状はある様子。説明書で調べたらこれはVOICEの強すぎるレーザー光のせいで反射だということがわかりました。汗 確かに窓に映った反射が照り返しています。

赤いラインは2重になってませんがVOICEの緑は2重になっていることが確認できます。

 

恐らく問い合わせが多数あったのでしょうか?現在は購入者の方はサポートサイト利用である程度のことは解決できると思います。

レーザーラインが2重になるというのはクレームではなく勘違いです。

 

微調整つまみの微妙な調整が難しい。

これもあえて書かせていただきます。かなり微調整できます。ほぼほぼ問題なく使えます。

ほんの時々、ほんとに少しなのですが時々、なぜかわすがラインで0.5mmくらい調整が利かないといいますか戻ってしまうことがあります。調整つまみを回して微調整したんだけどラインが戻る。あれ?

 

とわ言え7.8m先で0.5mmくらいの戻ってしまう時があるということ。しかも必ずではなく時々です。

私の持っているVOICEの製品の部分的な個所で微調整がしづらい部分があるのかもしれません。

許容範囲内だと思います。

 

 

関連記事

建築でも使えて安いフルライングリーンレーザーのおすすめは?

 

 

屋外での使用が難しいのではないかという点

こちらについては私自身が屋外での使用をほとんどしないためわからないのですが私の知りえる情報を書きたいと思います。

屋外使用ということでラインが見えるかどうか?という点。

ラインは見えますが10m先に行くと縦ライン垂直ラインは見づらいです。

水平ラインは10m程度なら問題なく見えますね。

垂直ラインは10m先へ行くと探すのが大変になってきます。

天候によっても左右されると思いますがこの写真撮影は曇りですが明るめの曇りの日です。

 

 

写真は5mほどの距離です。

 

しかし有名メーカーの赤と比べるとVOICE5ラインのグリーンの方が全然見やすいです。

精度は先日も現場で確認しましたが10m先でも問題ない精度を持っています。

 

 

三脚にセットする際の注意!VOICEの重量

こちらもあえてですね。VOICEは他のメーカーのレーザー墨出し器と比べると確かに重いです。

使うのが苦にならないレベルだと私は感じていますし、床において使う分には簡単に倒れないのでむしろ調子はいいように思う重さです。

 

ですが三脚設置の際は少しこの重さが苦に感じるかもしれません。私も三脚設置の際は慎重にするようにしていますので。

 

 

以上VOICEのデメリットでしたが無理やり探してきたところもあるのでそれだけ良い製品だと思います。

関連記事

建築でも使えて安いフルライングリーンレーザーのおすすめは?

 

 

5ライン グリーンレーザー墨出し器


 

 

 

コメントを残す